色々とある

その日のテーマによって、取りと受けの役割感も
変わるはずです。

がっちり取って動かさないようにしている所を
どう捌くか。

取られるタイミングをどうかわすか。

あえて取らせて、どう変化するか。

以上が取り技の場合。

先に動くか。

起こりを制すか。

斬らせて捌くか。

以上が打ち技の場合。

ざっくりと、例にだしても、これだけの
楽しみ方が稽古にあります。

はいはい、片手取りですね、正面打ですね、
とかではもったいない。