アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
合気道連絡帳
ブログ紹介
山梨県甲府市内で、合気道の稽古会をしている甲和会です。
稽古の連絡と覚書きです。
興味のある方、一緒にお稽古しませんか。
zoom RSS

講習会や出稽古

2017/02/25 00:19


先般、山梨県連盟の講習会がありました。

講習会や合宿会など出稽古の良いところは、いつもと違う相手と
稽古ができること。
いつもと違う指導者、先輩からの指導を仰げる所です。

もちろん、その後の懇親会でのビールと人の和もいいものですが・・・

但し、注意することは、その講習会の先生が、何を目的に何を伝え
ようとしているのかを充分に理解して稽古に臨む必要があります。

「はい入身投ね・・・」と、いつもの稽古を漫然とやらない。

指導見本どおりにやってみて、できなければ、その場で出来るように
覚える。

また、いつもと違う相手なので、技のタイミングや受身の取り方も違う
のであれば、どこが違って、何が同じかを考える。

少しでも、実り多い機会にする心構えが大事。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


才能の有る無し

2017/01/23 23:13
才能って何だろう。

稽古の入り口で言うなら

 〇形の手順の覚えが早い
 〇体のバランス感覚の良さ
 〇体の強さとか力
 〇瞬間の反応の良さ
 〇もともとの柔らかい体 などなど

稽古が進むと

 〇説明、注意をきちんと聞く
 〇目先の理解はともかく、やってみる
 〇稽古仲間と信頼関係を気づける
 〇ひとり稽古を地道に続ける などなど

例えば仕事
企画づくりで、その切り口で提案するか、とか
そこからストーリー作るか・・・なるほどねぇっ
ていうのも才能

一度付き合った顧客は、リピーターで離れず
5年、10年というのも才能。

結局、才能の有る無しは、後での評価。

運動神経や反射神経の良し悪しで、一概に
決まらないのが、形武道の面白さ。

何を見つけて、何をモノにするかは、自分次第。








記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


自分を感じ取る

2017/01/14 00:17
技を繰り返し掛ける。
その時に相手に効いたかも大事ですが・・・・・

相手が任せてくれている腕に二教をギチギチかけて稽古した
気分になってもねぇ・・・・・

自分の体に余計な力みは無かったか。
半身の体はよじれて無かったか。
足先の向きは。
上体は。

と、自分で自分を感じて一本目よりは二本目と矯正していく。
正しく、無理なく、楽に動けたときは、結果として効く技に
なっているはず。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どんな紙

2017/01/11 23:27
傍目には飛躍的な上達に見えても、上達それ自体は日々の
紙一枚一枚の積み重ね。

停滞している様子でも、毎日積んでいけば何かしらの自覚が
出てくるものです。

年末・年始の行事も落ち着いて、そろそろ日常生活のペースが
できてくる頃。

目的を持って稽古をする方が、気付きも多いし、上達も早いはず。

今年はどんな紙一枚を積みましょうか。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


足を意識する

2016/11/14 20:12
手には意識が行きやすいし、意識でどうとでもなる
(と思っているのも誤解ですが・・・)気持ちで操作しやすい
ことは確か。

しかし、最初のうちは、技を整理するうえで、足の運びと、
どちらの足を軸として使うかを考えた方がいいと思います。

少なくとも、手先の力で相手の体勢は押さえられ
ないことは確か。

右の正面打ちの入身投、主軸として意識するのは
最初から最後まで右足だと思います。

手で相手を引っぱって来るのではなく、足の動きに
自分の手順と、相手の身体を合せて捌く。

足が追い付かないから、姿勢が悪くなる。

工夫のしどころ、考えどころだと思います。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


過去の自分

2016/11/07 22:24
審査会や演武会が気軽に録画できます。

VHSビデオの2時間テープで撮影した頃に比べると、
なんて気軽にできる時代になったのでしょう。

さて、審査会を撮影して、各自にお渡ししています。

審査会前に言われた課題は、解消されているだろうか。

前の審査会に比べて、級・段が上がる分だけ、よくなって
いるだろうか。

稽古を続けた分、変な癖のある動作は、出ていないだろうか。

人に言われるより、自分で自分の姿を見るのが、一番の
気づきになるのでは・・・・

直近の審査会や演武会と、過去の記録を併せて見ることを
お勧めします。

そうしないと、せっかくの映像が記念写真と同じになってしまう。

と、個人的には思います。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


各人各様

2016/10/17 21:46
三級までは、指導者の責任。
その人の体力とか、運動経験のある、無し、
呑み込みの早さ(頭での理解と、動作での再現性)などに
応じて、オーダーメイドで稽古メニューを組み立てる。

稽古する側は、手順は一度聴いたら覚える。
疑問を持ち越さない。
稽古の行き帰りに、前回の復習と整理をしておくということでしょう。

試合があるわけでもないので、人と競争する必要はないと
思います。

審査や演武会の機会に、集中して整理していけば、ある程度
付け焼刃でも三級までは、間に合います。

ただ、先ほどの
稽古する側は、手順は一度聴いたら覚える。
疑問を持ち越さない。
稽古の行き帰りに、前回の復習と整理をしておく。

に、プラスして、稽古の間が空くときは、手順と記憶を整理する。

を、しておかないと、二級の審査あたりからは、どうにもならなく
なります。

覚えの速さは各人各様ですが、上達の基本は、万人共通で、
心がけと日々の積み重ねしかありません。















記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

合気道連絡帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる